HOME > アプリケーション > ドローンの圧力感知

ドローンの圧力感知

 世界には様々な航空機がありますが、それぞれが圧力検知のためにそれぞれの手段を取っています。
特にドローンは最も洗練された航空機に似た高度計と気圧計を採用しています。監視用ドローンは、加速度計、ジャイロスコープ、磁力計、カメラ、温度センサーなどを使用することもあります。

高度計は、高度コントロールに不可欠な部品です。いくつかの無人機は超音波センサーで開発され販売されていますが、圧力センサーは最も基本的な無人機のホバリングモードを改善します。高度計によって飛行中の気圧を地上の圧力と比較することで、無人機のより安全な運転が可能になります。

高度計と気圧計は保護された内部コンパートメントに取り付けられているため、環境耐性はより厳しい外部条件を考慮する必要はありません。レクリエーション用ドローンの動作仕様は、市販の100kPa圧力センサーの性能で十分でしょう。

他のタイプの航空機では他の用途で圧力センサーが使用されています。例えば、軽飛行機では単純な形状の空気速度表示機が機上の通常の圧力と推進によって引き起こされる圧力の上昇との差を計測します。より複雑な航空機では、圧力センサーは油圧、エンジン圧力などを監視し、制御するのに役立っています。

アマゾンを含む企業から無人機のルールを拡張するように要求されている現在、連邦航空局に対しても近年無人機の圧力が高まっています。